divider


ジョージ・ネルソン関連イベントを多数開催

02-July-2014

日本で初めて本格的に紹介されるジョージ・ネルソンの展覧会にあわせて開催

米国の家具メーカー、ハーマンミラー社(本社:米国ミシガン州、President&CEO:ブライアン・ウォーカー)の日本法人であるハーマンミラージャパン株式会社(住所:千代田区丸の内2-1-1、代表取締役社長:松崎勉)と目黒区美術館は、「ジョージ・ネルソン展 -建築家、ライター、デザイナー、教育者」(2014年7月15日(火)~9月18日(木)、於目黒区美術館)にあわせて、関連イベントを多数開催します。

「ジョージ・ネルソン展 -建築家、ライター、デザイナー、教育者」は、日本で初めて本格的にジョージ・ネルソンを紹介する展覧会となります。展覧会の開催を記念して、4つのトークセッション、5つのワークショップ、担当学芸員のトークによる美術カフェ、またハーマンミラージャパンと目黒区美術館が共同で開催している「デザインキャンプ」の4回目を開催します。

そのほか、ハーマンミラーストアでネルソンのプロダクトを中心とした特別展示を行うほか、目黒区美術館でネルソンの家具やハーマンミラーの商品が購入できるポップアップストアなどもオープンする予定です。

【「ジョージ・ネルソン展 -建築家、ライター、デザイナー、教育者」について】

jp_nelson_event_1

ヴィンテージの家具やプロトタイプ、建築模型、グラフィックデザイン、1959年にモスクワで開催されたアメリカ博覧会のドキュメント映像など貴重なアーカイブ資料が約300点展示されるほか、日本にひと月滞在していたこともあるネルソンと日本との関係も探ります。

会期: 2014年7月15日(火)~9月18日(木)
会場: 目黒区美術館

主催: (公財)目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
企画: ヴィトラ・デザイン・ミュージアム
特別協賛: ハーマンミラーインターナショナルアジア・パシフィック、ハーマンミラージャパン
協賛: ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン・日本興亜損保、日本テレビ放送網、共済企画センター、天童木工、マーベラス
後援: アメリカ大使館

【デザインキャンプについて】

jp_nelson_event_2

ハーマンミラージャパンと、ワークショップ活動を精力的に行ってきた目黒区美術館が共同で開催し、デザイン教育を通して地域へ貢献する活動です。2012年より3回開催しています。第1回「紙をあそぶ、紙でつつむ」(2012年8月開催)、第2回「DRILL DESIGNのデザインドリル」(2013年3月開催)、第3回「視ることの再発見、ネルソンの『How to See』に学んでつくるビジュアルブック」(2013年10月開催)。第4回目は「視ることの再発見、ネルソンの『How to See』に学んでつくるビジュアルブック パート2」を2014年8月23 日と9月6日に開催。


<参考資料: イベント詳細>

トークセッション

1. ジョージ・ネルソン そのまなざしの現代性「デザイン、ソーシャル、コミュニケーション」 第1部

加藤孝司氏(デザインジャーナリスト)x 角田陽太氏(プロダクトデザイナー) x 柳本浩市氏(デザインディレクター、Glyph.代表)

日時: 7月3日(木)19:00~20:00 (開場18:30)
会場: ハーマンミラーストア 東京都千代田区丸の内2-1-1 丸の内MY PLAZA
03-3201-1840
定員: 先着40名(要予約、参加費無料)

2. ネルソンの『考え方』について考える――ネルソンの言葉から、未来のデザインのヒントを見つける土田貴宏氏(デザインジャーナリスト) x 藤城成貴氏(プロダクトデザイナー)

日時: 7月26日(土)14:00~16:00
会場: 目黒区美術館 東京都目黒区目黒2-4-36 03-3714-1201
定員: 先着50名(高校生以上、要予約(申込受付中)、参加費無料ただし当日の鑑賞券が必要)

3. 住まいのデザインをめぐる冒険――建築家としてのジョージ・ネルソン

難波和彦氏(建築家・東京大学名誉教授) x 岩岡竜夫氏(建築家・東京理科大学教授) x 和田菜穂子氏(建築史家・DA企画室室長)

日時: 8月17日(日)14:00~16:30
会場: 目黒区美術館 東京都目黒区目黒2-4-36 03-3714-1201
定員: 先着50名(高校生以上、要予約(7/15から申込開始)、参加費無料ただし当日の鑑賞券が必要)

4. ジョージ・ネルソン そのまなざしの現代性「デザイン、ソーシャル、コミュニケーション」 第2部

加藤孝司氏(デザインジャーナリスト)x 角田陽太氏(プロダクトデザイナー) x 中原慎一郎氏(ランドスケーププロダクツ代表)x 柳本浩市氏(デザインディレクター、Glyph.代表)

日時: 9月7日(日) 14:00~16:00
会場: 目黒区美術館 東京都目黒区目黒2-4-36 03-3714-1201
定員: 先着50名(高校生以上、要予約(8/1から申込開始)、参加費無料ただし当日の鑑賞券が必要)

 

デザイン ワークショップ

1. 小さな椅子のデザイナー

ネルソン展をゆっくり鑑賞し、紙やモール、針金など身近な材料で小さな椅子を楽しくつくります。

講師:清瀬ゆり亜(ミュージアム・エデュケーター)

    1)     日時: 7月20日(日)13:30~16:30
             会場: 目黒区美術館 東京都目黒区目黒2-4-36 03-3714-1201
             定員: 小学1年生~6年生16名(要予約、7/4申込締切)
             参加費: 材料費1000円

     2)    日時: 8月9日(土)13:30~16:30
             会場: 目黒区美術館 東京都目黒区目黒2-4-36 03-3714-1201
             定員: 家族二人一組8組(要予約、7/18申込締切)
             参加費: 材料費2000円(一組につき)

     3)    日時: 8月16日(土)13:30~16:30
            会場: 目黒区美術館 東京都目黒区目黒2-4-36 03-3714-1201
            定員: 高校生以上16名(要予約、8/1申込締切)
            参加費: 材料費2000円

2. お菓子でつくるネルソンの家具

ネルソン展をじっくり鑑賞し、マシュマロやチョコボ―ルを使って、ネルソンの家具をつくってみます。

講師:和田菜穂子(建築史家、DA企画室室長) 

    1)    日時: 7月21日(海の日、月祝)13:30~16:30
            会場: 目黒区美術館 東京都目黒区目黒2-4-36 03-3714-1201
            定員: 小学3年生以上中学生15名(要予約、7/4申込締切)
            参加費: 材料費1000円

    2)    日時: 8月2日(土)13:30~16:30
            会場: 目黒区美術館 東京都目黒区目黒2-4-36 03-3714-1201
            定員: 高校生以上15名(要予約、7/18申込締切)
            参加費: 材料費2000円

 

大人のための美術カフェ

「チャールズ&レイ・イームズ展」(2005年)から「ジョージ・ネルソン展」(2014年)へ、…展覧会のつくりかた

担当学芸員による二つの展覧会の裏話、海外のやりとりなど、展覧会の苦労をお話しします。

日時: 8月30日(土)  16:00-18:00
会場: 目黒区美術館 東京都目黒区目黒2-4-36 03-3714-1201
定員: 先着50名(予約不要、参加費無料ただし当日の鑑賞券が必要)

 

デザインキャンプ

「視ることの再発見、ネルソンの《How to See》に学んで作る ビジュアルブック」 パート2

昨年開催したデザインキャンプ、ネルソンの考え方/物の見方を参考にしたビジュアルブック制作の第二弾

講師:藤崎圭一郎氏(東京藝術大学准教授)、色部義昭氏(グラフィックデザイナー、アートディレクター)

2014年8月23 日(土)、9月6日(土)   13:00-17:00 全2日間 *2日間とも参加可能な方に限ります。

参加費材料費:4000円

対象定員:高校生以上20名(申し込み多数の場合は抽選)

申し込締め切り  8月2日(土)

 

※トークセッション1について詳細は、ハーマンミラーストアのウェブサイトをご覧ください。 http://storetokyo.hermanmiller.co.jp/

トークセッション1以外の詳細は、目黒区美術館のウェブサイトをご覧ください。 http://mmat.jp/

 

ハーマンミラーストア ジョージ・ネルソン特別展示

ネルソンの家具を一堂に集めてハーマンミラーストアで展示をします。

2014年7月15日(火)~9月18日(木)

 

目黒区美術館ポップアップストア

目黒区美術館の一部が、ハーマンミラーストアのポップアップストアになります。展覧会でネルソンの作品を観た後、ネルソンの家具などハーマンミラー商品をご購入いただけます。

2014年9月13日(土)、14日(日)

 

【ハーマンミラー社について】
1923年、米国ミシガン州ジーランドに設立。「デザインとは問題を解決するためにある」という考えのもと、優れたデザイナーたちとパートナーシップを築き、人々に愛用され続けている数々の名作を世に送り出しています。まわりの環境をより良くすることに努め、感動をもたらすデザイン、革新的な技術や戦略的なサービスを提供します。2013年度の収益は18億米ドルを超えています。革新的なビジネス手法と社会的責任への深い関与によって、世界的企業としての地位を確立しています。スミソニアン・クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館より全米デザイン賞を受賞したハーマンミラー社は、米国の人権擁護団体ヒューマン・ライツ・キャンペーン(HRC)財団が毎年発表する企業内での公平な扱いへの取り組み評価指数でも最高点を獲得し、「Industry Week」誌の全米トップ製造業50企業にも選ばれています。ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスに連続して選定され、シンボル名MLHRでナスダック・グローバル・セレクト・マーケットに上場しています。

divider