divider

イサム・ノグチがデザインしたノグチラダーコーヒーテーブルを販売開始 
09 Jan 2014

米国の家具メーカー、ハーマンミラー社(本社:米国ミシガン州、President&CEO:ブライアン・ウォーカー)の日本法人である ハーマンミラージャパン株式会社(住所:千代田区丸の内 2-1-1、代表取締役社長:松崎勉)は、イサム・ノグチがデザインしたノグチラダーコーヒーテーブル(Noguchi Rudder Coffee Table)を発表します。受注開始は2014年1月16日(木)。


ノグチラダーコーヒーテーブルは、1944年にイサム・ノグチによってデザインされ、1949年に商品化されました。その後製造中止となりますが、このたび、再びハーマンミラー社より販売を開始いたします。

クローム製の2本の細いレッグと、船の舵を思い起させるウッドのレッグが特徴的なこのテーブルは、シンプルで有機的な彫刻のように美しいデザインでありながら、実用性にも優れ、イサム・ノグチの巧みな技を見事に表現しています。
天板トップは、ウォールナット、エボニー(メーブルに黒着色)、ホワイトアッシュからお選びいただけます。

Noguchi_Rudder_Coffee_Table_small

ノグチラダーコーヒーテーブル 188,000円(税抜)
W1270 x D905 x H400 mm

【イサム・ノグチとハーマンミラー社】 
イサム・ノグチとハーマンミラーの関係は、ハーマンミラーのデザインディレクター、ジョージ・ネルソンが執筆した”How to Make a Table”に、イサム・ノグチがデザインしたテーブルが掲載されたことから始まりました。このテーブルは、世界的に有名なガラス天板の「ノグチテーブル」として、1948年にハーマンミラーから発表され、現在も米国ハーマンミラー社で製造販売しています。
*日本市場においては、2003年にガラス天板の「ノグチテーブル」の販売権がハーマンミラー社からヴィトラ社に移りました。ハーマンミラージャパンが販売するイサム・ノグチデザインのテーブルは、今回発表した「ノグチラダーコーヒーテーブル」のみになります。

noguchitable





ノグチテーブル


【ハーマンミラー社について】 

1923年、米国ミシガン州ジーランドに設立。クラシックなスタイルの家具が一般的であった時代に、機能性と美しさ、いつまでも変わらぬ高いデザイン性を もつ家具を次々と発表し、ハーマンミラーの名前はモダンデザインのアイコンとなりました。「デザインとは問題を解決するためにある」という考えのもと、 ジョージ・ネルソンやチャールズ&レイ・イームズ、イサム・ノグチ、アレキサンダー・ジラードなど優れたデザイナーたちとパートナーシップを築 き、今日も人々に愛用され続けている数々の名作を世に送り出しています。近年は、ビル・スタンフ、アイシェ・バーセル、イヴ・ベアールなどともコラボレー ションし、働く環境をより良くするために考えられた人間工学に基づいた椅子やデスク、また、現代のライフスタイルやワークスタイルに合う製品を生み出して います。ハーマンミラーの数々の優れたデザインは、ニューヨーク近代美術館やスミソニアン博物館などの主要美術館・博物館に永久収蔵品として選定されています。

divider