divider

最新のワークチェア、ミラ2チェアを発表 
28 Oct 2013

米国の家具メーカー、ハーマンミラー社(本社:米国ミシガン州、President&CEO:ブライアン・ウォーカー)の日本法人である ハーマンミラージャパン株式会社(住所:千代田区丸の内 2-1-1、代表取締役社長:松崎勉)は、最新のワークチェア「ミラ2チェア(Mirra 2 Chair)」を発表します。販売開始は2014年2月予定。


高機能ワークチェアの世界的リーダーであるハーマンミラーは、2013年6月に米国最大の国際家具見本市、ネオコン(NeoCon)で、最新のワークチェア「ミラ2チェア(Mirra 2 Chair)」を発表しました。デザイナーは、ベルリンのデザイン集団「スタジオ7.5 (Studio 7.5)」。

働き方の変遷に伴い、人々はますます活発に動いています。
一人で行う仕事から共同作業へと瞬時に切り替わる活発な働き方に必要とされるのは、身体の動きに応じて一緒に動いてくれるワークチェアです。
デザイナーのスタジオ7.5は、素材を独創的に活用し、すべてにおいて前身のミラチェアを進化させた、座る人と一体となって動くミラ2チェアをデザインしました。ミラ2チェアの販売開始は、2014年2月予定。

背もたれがグラファイト、ベース/フレームがグラファイトの仕上げ(右の写真)で124,000円(税抜)。

JP_mirra2

背もたれがダークターコイズ、ベースがフォグ、フレームがスタジオホワイトの仕上げで133,000円(税抜)。背もたれがダークターコイズ、ベースがセミポリッシュ、フレームがスタジオホワイトの仕上げ(下の写真)で162,000円(税抜)。

JP_mirra2_display

【ミラ2チェアの特長】

1) 座る人の動きをダイナミックにサポートし、健康的な体の姿勢を維持します。

バタフライバック
従来のミラチェアよりも多く穴の開いた成型ポリマーと、高機能ウェアに用いられるファブリックを組み合わせたハイブリッド構造の「バタフライバック」が熱や湿気をこもらせず、座る人の動きをダイナミックにサポートします。新しいループスパインのついたバタフライバックによって、身体のわずかな動きにも反応します。

JP_mirra2_closeup

ハーモニック2チルト
新しいチルト機構は、体重のほんのわずかなシフトにも反応し、体格や体型にかかわらず、スムーズでバランスのとれた姿勢の変化をサポートします。

エアウィーブ2サスペンションシート
従来のミラチェアの座面下についていたウレタンパッドを取り除き、通気性がさらに良くなり、快適性が高められました。熱をこもらせず、活動的な座り方でもしっかりとサポートします。

JP_mirra2_closeup_2

2) 美しいデザイン

無駄を省いたデザイン
どのような場所でもすっきりと洗練された空間を演出します。

多様な選択肢
背もたれのカラーバリエーションは8色、フレームは2色、さらにベースはグラファイト、フォグ、H-アロイ、セミポリッシュの4つの仕上げから選択できます。
*2014年2月の販売開始時は、グラファイトの背もたれとフレーム(下図の上段右から3番目)で、ベースもグラファイトのタイプのみ販売。来春以降すべてのバリエーションで展開予定。

JP_mirra2_back_display

3) 環境への配慮

オリジナルのミラチェアよりも22%(約4.5㎏)軽量化され、二酸化炭素排出量も25%削減されました。ミラ2チェアの使用材料の約40%はリサイクルされたアルミニウムで、主にベース部分に使用されています。コーティング仕上げをしていないH-アロイのベースは、さらに環境への負荷をかけず、美しい表面仕上げも実現しています。

 

【スタジオ7.5について】 
1992年の創設以来、バークハード・シュミッツ、クラウディア・プリカット、カローラ・ツヴィックのデザイナーたちとエンジニアのローランド・ツヴィックがスタジオ7.5を率いてきました。このグループの名前は、7.5トントラックを借りて、モデルショップを載せ、プロジェクトサイトを巡回訪問していた頃の趣旨に由来しています。今でも、このグループにはボスも居なければ、肩書もなく、毎日お昼には自分たちでランチを作り、スタジオで一緒に食べる「仲間」の集まりです。人々の働き方を規定するツールへの強い関心に駆り立てられ、スタジオ7.5は、ソフトウェアインターフェース、オフィスチェア、医療機器のデザインに携わってきました。また教育分野にも活動を広げ、今では、ドイツの大学で工業デザインや製品デザインを教えています。数々の賞を受賞したハーマンミラーのミラチェアとセトゥーチェアをデザイン。
*クラウディア・プリカットは、2013年10月1日に急逝しました。

JP_studio_7

左からローランド・ツヴィック、クラウディア・プリカット、バークハード・シュミッツ、カローラ・ツヴィック

 

【ハーマンミラー社について】 
1923年、米国ミシガン州ジーランドに設立。「デザインとは問題を解決するためにある」という考えのもと、優れたデザイナーたちとパートナーシップを築き、人々に愛用され続けている数々の名作を世に送り出しています。まわりの環境をより良くすることに努め、感動をもたらすデザイン、革新的な技術や戦略的なサービスを提供します。2012年度の収益は17億米ドルを超えています。革新的なビジネス手法と社会的責任への深い関与によって、世界的企業としての地位を確立しています。スミソニアン・クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館より全米デザイン賞を受賞したハーマンミラー社は、米国の人権擁護団体ヒューマン・ライツ・キャンペーン(HRC)財団が毎年発表する企業内での公平な扱いへの取り組み評価指数でも最高点を獲得し、「Industry Week」誌の全米トップ製造業50企業にも選ばれています。ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスに連続して選定され、シンボル名MLHRでナスダック・グローバル・セレクト・マーケットに上場しています。

divider