divider


イームズラウンジチェア&オットマン ブラックモデル販売開始

2015年1月7日

チャールズ&レイ・イームズがデザインした不朽の名作に新しくブラックカラーの仕様が登場

米国の家具メーカー、ハーマンミラー社(本社:米国ミシガン州、President&CEO:ブライアン・ウォーカー)の日本法人であるハーマンミラージャパン株式会社(住所:千代田区丸の内2-1-1、代表取締役社長:松崎勉)は、チャールズ&レイ・イームズがデザインした不朽の名作、イームズラウンジチェア&オットマンのブラックモデルの販売を開始します。受注開始は2015年1月15日(木)。

Eames Lounge and Ottoman

1956年にチャールズ&レイ・イームズによってデザインされ、ハーマンミラー社が商品化したイームズラウンジチェア&オットマンは、映画監督のビリー・ワイルダーへの誕生日プレゼントとして贈られたのをはじめ、多くのセレブリティに愛されている名作です。その快適な座り心地は、よく使い込まれた一塁手のミットに喩えられ、座る人を暖かく包みます。

このたび、新しく趣の異なるイームズラウンジチェア&オットマンが登場します。プライウッドのシェルがエボニー(アッシュ材に黒着色)で、張地は上質な風合いを持つ最高品質の天然皮革(MCLレザー)のブラックです。

イームズラウンジチェア&オットマンは、5種類のプライウッドシェル(ウォールナット、ナチュラルチェリー、サントスパリサンダー、ウォールナットオイル仕上げ、サントスパリサンダーオイル仕上げ)から選択できるスタンダード仕様のほか、2011年に販売を開始したホワイトモデル(プライウッドシェル:ホワイトアッシュ、張地:MCLレザーのパール)があり、さらにブラックモデルが加わることによって、さまざまなインテリアに合わせることができるようになります。

Eames Lounge and Ottoman

左から、イームズラウンジチェア&オットマン ブラックモデル(722,000円~)、
ホワイトモデル(722,000円~)、スタンダード仕様(567,000円~)
*ブラックモデルとホワイトモデルの皮革はMCLレザーで、スタンダード仕様の皮革と異なります。


【ハーマンミラー社について】

1923年、米国ミシガン州ジーランドに設立。「デザインとは問題を解決するためにある」という考えのもと、優れたデザイナーたちとパートナーシップを築き、人々に愛用され続けている数々の名作を世に送り出しています。まわりの環境をより良くすることに努め、感動をもたらすデザイン、革新的な技術や戦略的なサービスを提供します。2013年度の収益は18億米ドルを超えています。革新的なビジネス手法と社会的責任への深い関与によって、世界的企業としての地位を確立しています。スミソニアン・クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館より全米デザイン賞を受賞したハーマンミラー社は、米国の人権擁護団体ヒューマン・ライツ・キャンペーン(HRC)財団が毎年発表する企業内での公平な扱いへの取り組み評価指数でも最高点を獲得し、「Industry Week」誌の全米トップ製造業50企業にも選ばれています。ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスに連続して選定され、シンボル名MLHRでナスダック・グローバル・セレクト・マーケットに上場しています。

divider