divider
ドン・チャドウィック

ドン・チャドウィック

ドン・チャドウィックは、世界で最も象徴的な家具である自身の作品で高い評価を受けましたが、今でも活動を続けています。今も南カリフォルニアに住んでいます。今も制作に取り組んでいます。今も自身のプロセスを洗練して、デザインに対する見識を高めています。今も楽しんでいます。

新しいデザインを生み出すために、チルトメカニズム、エラストマーマテリアル、キャスターなど人間工学的な要素を使いながら、自分自身の制限を超えようと挑戦し続けています。有名な革新を成し遂げてから半世紀近く経った今なお、世界中の工業デザイナーや家具メーカーに影響を与え続けています。ハーマンミラーに提供された彼のモジュラーシーティングデザインは、1974年に初めて発表され、2015年のNeoConで再発表されました。

1950年代中期にUCLAの工業デザインの学生であったチャドウィックは、著名なデザイナーであるチャールズ&レイ・イームズのレクチャーに出席した後、家具にますます惹かれていきました。その10年後、彼はロサンゼルスにある工具店の上の小さなスペースに自分のスタジオを開き、自分のアイデアを製品化しようとして多くの時間を費やしました。「確か、1972年でした」とチャドウィックは、ハーマンミラーが初めて訪ねてきた時のことを思い出します。それ以来、彼はハーマンミラーの最も有名な製品をデザイン、共同デザインしてきました。芽が出つつある(そして間もなく花開く)自身のキャリアの途中で、チャドウィックは、学生達に自分の知識を伝授するために、1976年から1985年にかけてUCLAに教授として戻りました。

熱心な美術品収集家であるチャドウィックは、美術館になじみがあります。もちろん彼自身の作品もです。1994年にハーマンミラーのために、ビル・スタンフと共にデザインした人間工学デザインの象徴であるアーロンチェアは、製造が始まる前に、ニューヨーク近代美術館の永久収蔵品になりました。

チャドウィックは、長年にわたり、彼自身のプロセスも含めて、たくさんの変化があったことを認めます。例えば、紙ではなくスクリーンにスケッチをするなど、デザインにおけるデジタル化に順応しています。しかし、チャドウィックの44年間にわたるデザイン人生において、全く変わっていないデザインプロセスが一つあります。それは好奇心です。彼は、デザインを通して人々の暮らしや仕事が向上するように、デザイナーやメーカーの持続可能なマテリアルの使用方法に質問を投げかけています。

チャドウィックと妻は、ロサンゼルスや海外のアートギャラリーを訪ねたり、新しいレストランを開拓するために多くの時間を費やしています。旅行のときはカメラを常に携帯して、熱心に記録に残します。彼の最近のお気に入りのカメラは、ソニーのRX100M3です。彼は自身の写真撮影についてこう言います。「何から何まで見る傾向があります。何か特別に視覚的に興味を引いたら撮影します。特に美しい必要はありません」

最近、チャドウィックは、彼とスタンフの最も成功したデザインであるアーロンチェアを再考しました。彼とハーマンミラーは2年近くの歳月を費やして、現代の働く人のために、アーロンチェアのほとんどの要素をアップデートしました。チャドウィックのリーダーシップの下、最新のアーロンチェアは、より良い健康のために設計し直され、より良いパフォーマンスのために再調整され、より良くフィットするために再考され、現代の環境のためにさらに洗練されました。

子どもの頃から、チャドウィックは大自然からインスピレーションを得てきました。彼は今でも、グレータースイスマウンテンドッグのスタンリーと一緒に、ウエストLAの丘をハイキングして、次のデザインを生み出すためのインスピレーションを探しています。どのような革新が誕生するのでしょうか。「今でもワクワクします」とチャドウィックは言います。「そして好奇心。それが大切なのです。常に好奇心を持って物事を見なくなり、異なった見方をしなくなったら、デザイナーではなくなるのです」

オフィス/スタジオ
チャドウィックスタジオ、サンタモニカ、カリフォルニア

受賞歴
ナショナル・デザイン・アワード、プロダクトデザイン受賞、2006年
Business Weekマガジンおよびアメリカ産業デザイナー協会が2000年にアーロンチェアにDesign of the Decadeを授与
Timeマガジン、デザイン:Best of the Decade for Equa Chair、1990年
IBD Gold Award for Equa Chair、1984年
IBD and IDSA awards for casegoods、1980年
The Governor's Award、Design Michigan Exhibition、1977年
Award for Design Excellence、IDマガジン、1970、1971、1973、1974年

divider