divider
チャールズ&レイ・イームズ

チャールズ&
レイ・イームズ

ポテトチップのように見える椅子。よく使いこんだ野球の一塁手のミットのような椅子。波打つフォールディング・スクリーン ⋯⋯

冒険心をたっぷりと持つチャールズ&レイ・イームズ夫妻は、好奇心と果てしない熱意を創作に注ぎ、夫婦によるすばらしいデザインチームを作りました。夫婦ならではの共同作業によって、家具が新たな展開を見せることとなりました。すっきりとしてモダンであり、遊び心と機能性を備え、なめらかで、洗練されていて、美しく、シンプル。それが昔も今も「イームズ」らしさなのです。

夫妻のスタイルと、ハーマンミラーとの関係はプライウッドで制作したチェアを1940年代後半に発表したことに始まります。そのなかには、ニューヨーク近代美術館の永久収蔵品にもなった イームズラウンジチェアが含まれています。

チャールズ&レイ・イームズは、どのプロジェクトも一貫したプロセスで進めることによって、大成功をおさめました。これは人の興味をそそる刺激的なものだろうか?もっと素敵なものにできないか?それをすると「真剣に楽しい」だろうか?

ふたりは、アートと科学、デザインと建築、プロセスと製品、スタイルと機能を結合させる仕事を好みました。「細部は単なる細部にとどまりません。それはプロダクトを決定する要素なのです」とチャールズは言います。

問題解決力に優れ、スタッフにも積極的に実験してみることを勧めていた彼は、ある時、自分の夢は「まったく役に立たないプロジェクトのためのスタッフを持つこと」だと言ったことがあります。「そんなプロジェクトにこそ、新しいコンセプトの芽があるものです」

夫妻ならではの独自のコンセプトは、一夜にしてできたものではなく、時間をかけて育まれたものでした。チャールズは、プライウッドのチェア開発についてこう述べています。「直観のひらめきでした、30年かかってひらめいたのです」

ふたりに関して言えば、あるものができれば次のものができるというふうでした。チャールズとレイはプライウッドで革命的な作品を生みだしましたが、それがきっかけでファイバーグラス素材のシーティングを開発しました。雑誌社の主宰によるコンテストでは、非常に革新的なケース・スタディ・ハウスをつくりました。ふたりは写真が好きで映画制作に乗り出し、1959年にはモスクワ博覧会映像展で、友人で同僚でもあるバックミンスター・フラーが設計したドームで、7つのスクリーンに映写をしています。

グラフィックデザインからショールームのデザインが生まれ、玩具集めは玩具の制作へと発展しました。そして、夫妻の友人であった映画監督ビリー・ワイルダーが昼寝用に板切れで作った仕掛けから、イームズチェイスが生まれたのです。

デザインの評論家はかつて、この素晴らしい夫妻は「世界をよりよい場所にしたいだけ」と願っているのだと評しました。まさにそのとおりです。チャールズとレイは世界をはるかに楽しい場所にしてくれたのです。

オフィス/スタジオ
The Eames Office
カリフォルニア州サンタモニカ

受賞歴
1940年 近代美術館 オーガニック・ファニチャー・コンペティション
1960年『The Fabulous Fifties』でエミー賞グラフィックス部門受賞
1961年 カウフマン国際デザイン賞受賞
1977年 アメリカ建築家協会25年賞受賞
1971年 ハーバード大エリオット・ノートン記念講座講師
1979年 ロイヤル・ゴールドメダル受賞
1985年 WORLDESIGN '85 アメリカインダストリアルデザイナー協会により「20世紀の最も影響力のあったデザイナー」に選定
1999年 米国議会図書館による世界巡回展『The Work of Charles and Ray Eames』展覧開始

divider