divider
ビル・スタンフ

ビル・スタンフ

ビル・スタンフは、かつてこう言いました。「わたしは崖っぷちに立った時、プライドを傷つけられそうになった時、子供のように純粋になれた時に、もっとも充実した仕事ができます。ハーマンミラー社は、わたしにそうしたプレッシャーをかけたらよいことを知っています。その理由は、ハーマンミラーがD.J. デプリーが最初にそう私に言ってから何年が経過しても、同じことを信奉しているからです。つまり、良いデザインとは単に良い仕事というだけではなく、倫理上の義務である、という信念です。それが、私にとってのプレッシャーです」

スタンフがハーマンミラーの仕事を始めたのは、ハーマンミラー・リサーチ・コーポレーションに加わった1970年のことです。1972年に自分の会社を設立したのち、スタンフはエルゴノミクス(人間工学)の先駆けとなるアーゴンチェアを創りだしました。そののちドン・チャドウィックとのコラボレーションで革新的なエクアチェアと、象徴的なアーロンチェアをプロデュースしました。スタンフはイソスペースの主任デザイナーでもあります。

「わたしはデザインを通じて楽しんでいます」。スタンフは数年前、インタビューに答えてこう言いました。「わたしは美しいものが好きです。周囲のすぐ手に届くところに、美しいもの、役に立つものがあると嬉しいのです」

ですがまわりを見渡すと「人間性を否定する」デザインや、人ではなくお金をいかにかけたかを見せびらかすような建築や、「人工的に密閉された空間」にあるオフィスを目にすることがあまりに多くあります。こうしたものに対しては常に闘いを挑みました。その闘いは、1960年代のウィスコンシン大学で始まったのです。

「すべては、ウィスコンシン大学時代にさかのぼります」とスタンフは最近、同大学の環境デザインセンターの大学院で助手として研究し、教鞭をとっていた時代について語りました。「体を開放し、束縛を解き放つこと、それだけを研究しました」

スタンフは整形外科および血管系の専門家と共同で、理想的な椅子の座り方について研究を進めました。1974年、ハーマンミラーは、彼にその研究を適用したオフィス用シーティングの製品開発を依頼しました。そしてその2年後、アーゴンチェアが誕生したのです。

スタンフは生涯を通じて、ハーマンミラー社を研究に基づいて問題解決を図る企業に変貌させた立役者で、その業績により数々の賞を贈られました。2006年に、スミソニアン博物館に所属するクーパー・ヒューイット国立デザイン博物館から、ナショナル・デザイン・アワード、プロダクトデザイン部門賞を授与されました。スタンフは2006年に亡くなりました。

オフィス/スタジオ
Stumpf, Weber + Associates
ミネソタ州ミネアポリス

受賞歴
2009年 エンボディチェアでベスト・オブ・ネオコン、人間工学デスク/タスクシーティング部門銀賞
2006年 クーパー・ヒューイットナショナル・デザイン・アワード、プロダクトデザイン部門受賞
1990年 エクアチェアで『Time』誌による「ベスト・オブ・ディケイド」
1985年 イソスペースで IBD 金賞
1984年 エクアチェアで IBD 金賞
1979年『ID』誌「1970年代のデザイナー」に選定
1976年 アーゴンチェアで ASID アワード受賞

divider