divider
チャールズ・ウィルソン

チャールズ・ウィルソン

オーストラリアのシドニーを拠点に活躍するデザイナーのチャールズ・ウィルソンは、ニューサウスウェールズ州セントラルウエスト地区の小麦・畜産農家で育ちました。幼少期の大半を自然の中で過ごした影響もあり彼のデザインは機能性を備えつつ自然材料の質感を生かすところが特徴です。ウィルソンは、カントリーライフスタイルに関連する物や形からデザインのインスピレーションを多く受けています。

ウィルソンは、工科大学でインダストリアルデザインを学びました。1991年に卒業後、彼は仲間の卒業生と共に共同のワークショップを設立し、数々の試験的な家具やオブジェクトを開発しました。彼の初期のデザインの一つである回転チェアは、1996年にシドニーのパワーハウスミュージアムのパーマネントコレクションに選ばれています。

彼は、業務用・家庭用問わず多彩な家具のデザインを手掛けており、オーストラリア国内はもとより、国際的にも大成功を収めています。最近では『オーストラリアン・ファイナンシャル・レヴュー』紙にて、「ほぼ間違いなくオーストラリアで最も才能のあるデザイナーである」と評されました。

オフィス/スタジオ
Charles Wilson Design

受賞歴
2014年 『INDESIGN』誌 「ルミナリー」賞
2007年 Stainless Steel Candelabra for Menuでホーム・ビューティフル・プロダクト・オブ・ザ・イヤー賞
2007年 Stainless Steel Candelabra for Menuでオーストラリアン・デザイン・アワード
2006年 Spool Seatingでボンベイ・サファイア賞

divider