divider

フォトギャラリー

その魅力

Eames Lounge Chair and Ottoman

プロダクトストーリー

イームズラウンジチェア&オットマンは、チャールズとレイがプライウッドを成型できないか試みたことから、そして家庭のリビングルームに多く見られるラウンジシーティングをより良いものにしたいと望んだことから生まれました。イギリスのクラブチェアにインスピレーションを得たチャールズは、モダンなクラブチェアをデザインしたかったと述べました。「まるで使い込まれた一塁手のミットのように温かく包み込むような外見」を持つものに。発表後ほとんどすぐに、このデザインはアメリカンデザインの象徴になりました。現在、この作品は美術館に収蔵されているだけでなく、あらゆる場所にスタイルと快適性を届け続けています。広く知られているファルムを持つこのチェアは、様々な種類のプライウッド、豊富なカラーオプションがあるのレザー、そして2種類のサイズからお選びいただけます。どの素材をお選びになっても、このデザインの質そして信頼性をお約束いたします。

モダンデザインの象徴を手に入れる

1956年に発表されたとき、このチェアとオットマンのセットは今までにはない全く新しいものでした。そして今でもこれに匹敵するものはありません。イームズ夫妻によってモダンに生まれ変わった19世紀のクラブチェアは、50年以上も愛し続けられただけでなく、一目でそれとわかる、時を経ても失われることのない新鮮さで、20世紀を代表するファニチャーデザインの一つになりました。

ほかの名作家具と同じように、イームズラウンジチェア&オットマンも、年月を重ねていくにつれ円熟味が増していきます。その理由の一つはクラフトマンシップです。ウッドの美しさを損なうことなくクッションとシェルを固定する革新的な金属部品から、それぞれの部品を今もなお手作業で組み立てる工程に至るまで、職人技術と製造工程とが相まって一貫した高品質のチェアを作り続けています。模倣品が多く出ているにもかかわらず、真の本物となっているのはこのためです。

幅広いオプション

イームズラウンジチェア&オットマンは、あまりにも有名になったため、その構造は登録商標となっています。(米国のみ)フォルムと素材が、特別な座り心地を提供します。今日チェアとオットマンは、様々な種類のべニア、豊富なカラーオプションがあるレザー、そして2種類のサイズからお選びいただけます。どのタイプを選んでも、最高の品質とワークマンシップが保証されています。

スタンダードのレザー、またはソフトさ、耐久性、耐変色性を非常にバランスよく兼ね備えたMCLレザーをお選びください。MCLレザーは、セミアニリン仕上げの高品質な100%天然フルグレインレザーです。微妙な色の違いと表面のキズはこの素材の特徴で、時間とともにしわやひだが生まれ、豊かな艶のある風合いになります。

ウォールナットとサントスパリサンダーには、オイル仕上げもお選びいただけます。これは、見た目と感触が、オリジナルのローズウッドのチェアに使われた仕上げと非常に良く似ており、定期的にオイルを塗ってメンテナンスしていただく必要があります。また、4つの木製ベニアは、スタンダード仕様のラッカー塗装プライウッドシェルもお選びいただけます。ラッカー仕上げは、ほこりを払うだけで他のメンテナンスは特に必要ありません。

Eames Lounge Chair and Ottoman

ブラックとホワイト

さまざまなインテリアにマッチするように、チェアとオットマンには、すべてがブラックとすべてがホワイトのモデルも用意されています。ブラックモデルは、エボニーのプライウッドシェルとブラックのMCLレザーが特徴です。ホワイトモデルは、ホワイトアッシュのシェルにパールのMCLレザーの組み合わせです。ホワイトモデルのメタル部分は、ベースのポリッシュドアルミニウムを引き立てる、ホワイトカラーの仕上げになっています。

快適性と十分なサポートを提供

イームズラウンジチェア&オットマンが不変の人気を保ち続けている理由の一つには、その快適性とサポートにあります。手作業のクラフトマンシップと量産の技術がダイナミックに融合しました。

クッションは、長時間座ってもへたりません。チャールズ・イームズは次のように述べています。「レザークッションには始めからシワがついているものだ。だがそれは、まるで使いこまれた一塁手のミットのように使う人を暖かく包み込む、快適さを表す証なのだ。」クッションに使われている皮革は、自然が生み出す表情をそれぞれが持っており、それが時を経るにつれてユニークな個性となります。

座面は傾斜しており、脊椎下部にかかる重みを適切な形で背もたれに分散させます。腰部もクッションで支えられ、ゆったりとした座り心地を実現しています。下部のクッションが、腰をしっかりサポートするため、リラックスできます。角度のある座面により胸部もサポートされるため、快適な姿勢で読書をしたり、DVDを見たり、会話を楽しんだりすることができます。

オットマンにもまた、健康に良い効果があります。ほとんどの人は一日中、立っているか座っているかしているため、血液が脚に溜まります。オットマンで脚を休めることで、血液の循環を正常に戻すことができます。

Eames Lounge Chair and Ottoman

比類なきクラフトマンシップ

すべての名作がそうであるように、イームズラウンジチェア&オットマンも、年を重ねるにつれ円熟味が増していきます。ラウンジチェア、オットマンとも、ディテールにまで細心の注意を払って手作業で組み立てられています。シェル部分は、7層のベニアで出来ています。クッションはそれぞれに張地が張られていて、交換可能です。チェアの背もたれの支柱、ならびにチェアとオットマンの脚部はアルミダイキャスト製です。チェアの脚部には、回転する構造になっています。ショックマウントは弾性のある天然ゴム製。ステンレス製のグライズは調節が可能です。

デザインストーリー

二人でチェアについて思い描いたとき、「一塁手のミットのように温かく包み込むような外見」を持つデザインにしたかったと、チャールズは言いました。チャールズとレイの家には、さまざまな友人や同僚が訪れました。ラウンジチェアやオットマンも、座る人を招き入れるような快適さを備えたものにしたいと考えられました。

そしてイームズラウンジチェア&オットマンは、1956年に全米のテレビでデビューを飾ったのです。チャールズ&レイ・イームズは、アーリン・フランシスが司会を務めるNBCテレビの番組「ホーム」に出演しました。そしてそのデザインとデザイナーの両方はたちまちスターの座に躍り出たのです。ラウンジチェア&オットマンは非常に有名なりましたが、それでもなお夫妻は、手作りのディテールにこだわり続けました。そしてそれが今でもこのクラシックな本物の輝きを際立たせているのです。

ニューヨーク近代美術館(MoMA)やシカゴ美術館のパーマネントコレクションに選ばれたのをはじめ、チェア&オットマンは常にドキュメンタリーや書籍で扱われてきました。またニューヨークにあるミュージアム・オブ・アーツ・アンド・デザインの特別展のテーマにもなりました。テレビのドラマシリーズやスタイリッシュな映画のインテリアにも登場し、その存在感を放っています。「象徴」という言葉は、あまりにも使い古された言葉ですが、このイームズラウンジチェア&オットマンを表現するには最もぴったりな言葉だといえるでしょう。

divider