divider

その魅力

Eames Soft Pad Chairs

プロダクトストーリー

イームズアルミナムグループチェアのいとこのような外観で、柔らかなクッションを持つこのチェアには、イームズ夫妻のデザインの特徴が良く表れています。優雅なシルエットと、洗練された、上品なたたずまい。ソフトパッドチェアは、ご家庭やオフィスにぴったりなじむ、新しいカラー、素材、脚部を取り揃えています。

Eames Soft Pad Chairs

時間を超越したエレガンス

いつまでも輝き続ける魅力。1958年に屋外向け製品としてデザインされたチェアが、21世紀の屋内でも現代的かつクラシックな輝きを保ちつづけています。これは驚くべきことでしょう。 無駄のないすっきりとしたラインを描くこのチェアは、モダンな室内や伝統的なインテリアの書斎、上品なオフィス空間や時代の先端を行く企業のフロアまで、あらゆる場所に溶け込みます。

新しいオプション

ハーマンミラーの傑作、イームズソフトパッドグループチェアに新しいオプションが加わり、選択の幅がさらに広がりました。レザーの新色が登場し、新しい仕上げや4本脚のベースも復活。 ワークスペースに限らず、ダイニングルームにもなじみます。

レザーは標準タイプと新しいMCLレザーから選択が可能(サイドチェアとラウンジチェアのみ)。 このMCLレザーは表面加工などを行わない天然フルグレインの上質な染色セミアニリンレザーです。微妙な色の違いと表面の跡はこの素材の特徴で、時間とともにしわやひだが生まれ、豊かな艶のある風合いになります。

より軽快な素材に合わせるため、サイドチェアとラウンジチェアは、従来のポリッシュドアルミニウムのベースとフレームに加え、新たにホワイトおよびグラファイトサテンのパウダーコーティング仕上げも用意しました。また、グライズ付のチェアには4スターベースが再び登場しています。キャスター付のチェアは、5スターベースです。

Eames Soft Pad Chairs

革新的な快適性

外見を実質より優先させることが決してなかったチャールズ&レイ・イームズ夫妻は、革新的なサスペンションを開発しました。 高度なサポート性と柔軟性を兼ね備えた座面「シッティングポケット」を作り出す構造です。このサスペンションは、軽量アルミニウム材のフレームに継ぎ目のない張地をぴんと張ることで実現しています。エグゼクティブチェアとマネージメントチェアには、シートの高さを調節する機能とチルト機構が付いています。

Eames Soft Pad Chairs

耐久性

アルミニウム製シートフレームと、アルミダイキャスト製の脚をもつイームズソフトパッドチェアは、軽量で取り扱いが簡単でありながら、耐久性にも優れています。

デザインストーリー

イームズアルミナムグループチェアの歴史は、伝説的なデザイナーたちの挑戦からスタートました。米国インディアナ州のコロンバスで、カミンズエンジン社の創業者J.アーウィン・ミラー邸を設計していたエーロ・サーリネンとアレキサンダー・ジラードは、屋外用の上質なチェアがほしいと考えました。そこで、チャールズ&レイ・イームズ夫妻にデザインを依頼したのです。イームズ夫妻はそれを引き受けました。

素材の特性を忠実に生かすことで知られるイームズ夫妻は、アルミダイキャストを使用し、シートフレームに合成繊維のメッシュ素材をぴんと張ったチェアをデザインしました。こうして完成された背もたれと座面のサスペンションは、固いシェルを持った従来の椅子のコンセプトを脱却しながら、高度な技術的成果を達成したのです。

ハーマンミラーは、1958年にアルミナムグループチェアの製造を始めました。1969年、イームズ夫妻は、このオリジナルデザインに、一つ一つ革張りした柔らかなクッションを加えたチェアをデザインし、イームズソフトパッドチェアと名づけました。このアルミナムグループチェアとソフトパッドチェアは、シンプルなシルエット、革新的な素材使い、そしてサスペンションの快適性により、50年以上もの間、オフィス、家庭を問わず、ハーマンミラーのチェアのなかでも最も人気のある製品の一つであり続けています。

divider