divider

プロフィール

デザインは人々のため

Publicは人々の間のアイデアの流れを増やすことができるでしょうか?ある一流デザイン会社が答を見つけます。

動画

Public Office Landscape

グループや単独のさまざまなセッティングを可能に
動画を見る

フォトギャラリー

その魅力

Public Office Landscape

プロダクトストーリー

より多くの人びとがつながれば、より良い仕事ができる、という信念のもと、Public はオフィスのすべての部分(個人のデスクも含めたすべての部分)をコラボレーションの場に変貌させます。これは、カジュアルな仕事の仕方をサポートすると共に、デスク、動くためのスペース、グループエリアのすべてを一貫したデザインでまとめながら快適さを提供する、初めてのオフィスシステムです。視覚上の統一性を持つモジュラー式のデスク面、ストレージ、シーティングをさまざまに組み合わせ、コラボレーションと集中した作業への柔軟な切り替えをバックアップする、幅広いセッティングを構成することができます。 

Public Office Landscape

流れるようなコラボレーション

ハーマンミラーでは、コラボレーションは会議室やデスクの周りだけで生じるものではないと考えています。コラボレーションは、どんな場所でも起こるものです。Public は、流動的な交流と、オフィスのランドスケープ全体での自然発生的な会話をサポートするデザインです。オフィス全体を流れの良い状態にし、人びとが交流し、集中し、コラボレーションと単独での働き方のモードの間を自由に行き来できる環境にします。 

Public Office Landscape

いきいきとした活気を生む柔軟なスペース

モジュラー パーツ キットから構成される Public システムでは、好きな場所で、好きな方法で働くことができます。カジュアルなグループエリアは、ブレインストーミングやチームワーク、プレゼンテーション、会議の場になります。単独のワークスペースは、共有と交流の場にもなり、プライバシーを確保して集中した高い生産性を保つ場にもなります。

Public の構成要素は、企業文化や所属意識を表現するような構成にアレンジすることもでき、ニーズが変わるにつれ、進化させて行くこともできます。色使いとマテリアルが視覚上の統一感を作り出し、個人作業からグループでの仕事へ、プライベートから共有スペースへの流れを強めます。

カジュアルなパフォーマンス

Social Chair は、Public システムの中核となるコンポーネントです。ソフトシーティングに新しいレベルの人間工学と機能を取り入れたチェアで、さまざまな人びとが仕事をする時のあらゆる姿勢に対応します。Social Chair は、デスクで、グループエリアで、またはオフィスのあらゆる場所で行われる、仕事を進めるための目的をもった交流を積極的にバックアップします。

文字通り、そして比喩としても、Social Chair は「つながり」のためのチェアです。オープンで親しみやすいフォルムにより、座って交流するように人びとを誘う一方で、トップの部分はデスクやストレージユニット、そして他の Social Chair にシームレスに接続できます。

カジュアルなパフォーマンス

Social Chair を使えば、仕事のための人間工学シーティングとカジュアルなラウンジのシーティングのどちらかを選択しなくても良くなります。革新的なデザインにより使用素材を最小限に抑え、シートと背もたれには柔軟性を備え、さまざまな姿勢や活動に対応する快適さを提供しています。

Public Office Landscape

責任あるデザイン

Public のきわめて柔軟な要素は、組織が成長し進化していくのに合わせて構成し直すことができるため、新しいシステムを購入し、古いものを捨てる必要がありません。これは環境にとっても組織にとっても良い結果をもたらします。

Public の考え抜かれた責任あるデザインは、必要最小限の素材を用いています。Social Chair のシートは軽量でリサイクル可能な発泡ポリプロピレン(EPP)製で、最小限のフォームを使用しています。

デザインストーリー

ワークプレイスでのコラボレーションの重要性を理解し、またそれが主にデスクで行われているという知識をもとに、フューズプロジェクトのイヴ・ベアールとそのチームは、オフィス環境中のカジュアルな部分と仕事の場を融合させ、コラボレーションの場をオフィス全体に均等に配置するためのソリューションを探り始めました。ベアールのチームは、まず取り掛かりとして、カジュアルな場とグループの作業スペースのシーティングに新しいレベルの人間工学を導入することから始めました。

コラボレーションのエリアと単独でのワークスペースをすぐ近くに配置、あるいは単独のスペースの一部にコラボレーションエリアを設けるというのが、ベアールの提案するコンセプトです。このデザインは、企業の推進力となるような生産性の高い交流を促します。

開発のプロセスを通して、ベアールはプロトタイプを自らの事務所であるサンフランシスコのフューズプロジェクトでテストしました。ベアールとそのチームは、18ヶ月にわたって常に進化を続けるプロトタイプの中で実際に働き、彼ら自身の経験をもとにコンセプトに磨きをかけて行きました。

divider