divider
Eames Wire Chairs

プロダクトストーリー

イームズ夫妻が表面的な美しさのみに興味をもつのではなく、マテリアルに対して先入観のないアプローチをしていたことを、おそらく彼らのほかのどのデザインよりも良く表しているのが、このシェルチェアでしょう。彼らが最も大切にしたことは、フォルム、機能、そしてコンテクストの調和でした。または、チャールズがよく言っていた言葉で表すなら、「最高のものを、最大多数の人に、最低価格で」提供するということです。この姿勢をもって、イームズ夫妻はシェルチェアをさまざまな仕上げ、マテリアル、ベースの形状の組み合わせでデザインしました。

イームズワイヤーチェアは、シェルチェアの絶え間ない進化の中でも特にユニークなイテレーションです。1950年代、イームズ・オフィスは、曲げたり接合したワイヤーでのデザイン実験を開始しました。そしてトレーや籠、服の型紙をつくるトルソーなどに着想を得て、さまざまな作品を開発。その一つがシェルフォームのワイヤーチェアだったのです。イームズワイヤーチェアは、ワイヤベースに、オプションとして座面パッドまたは交差した形の2枚の「ビキニ」レザーパッドをつけることができます。

デザインストーリー

あらゆるニーズに応える
チャールズ・イームズは、よくこう言っていました。「デザイナーの役割は、ゲストのニーズを事前に察知する、非常に優れた、思いやりのあるホストのようなものだ。」プラスチック、ファイバーグラス、ウッド製のシェルチェア、そしてワイヤーチェアで、イームズは、あらゆる人がチェアに求めていることのすべてに応えました。誰の身体にも、どんなシーンにもぴったりと合うシンプルで快適なフォルムが、その答えなのです。

あらゆる方法で
1939年、クランブルックアカデミーでチャールズとエーロ・サーリネンが行なった成型合板の初期研究に始まり、その後カリフォルニア州ベニスのイームズスタジオでレイと一緒に続けた研究の成果として生まれた成型チェアは、「最高のものを、最大多数の人に、最低価格で」提供したいという二人の願いを表す代表作品となりました。新しいフォルム、仕上げ、そして組合せを試すたびに、イームズ夫妻は、シェルチェアはこうあるべきだという境界を押し広げました。一体型のプライウッドと型打ち金属で試した後、ファイバーグラスに注目し、曲がるワイヤーで実験しました。ファイバーグラス製品が環境に悪影響を与えることが明らかとなったときは、より安全なプラスチックに切り替える決定が下されました。そして現在、安全なファイバーグラスとダイナミックなベニア技術が発展したことにより、ファイバーグラスシェルとウッドシェルチェアが生まれたのです。

あらゆる人のために
イームズシェルチェアのデザインの基本は、柔軟な適応力です。さまざまなシーンや空間のために、数え切れないほどの組合せが提供されています。それが、このチェアを美術館のコレクションとしても、リビングルーム、コインランドリー、ロビー、カフェに置かれていても変わらない価値ある名作にしているのです。このチェアを20代で初めて購入する最適な家具とし、そして20年後に子どもに引き渡す時にも変わらない価値を持つ名作なのです。シェル、ベース、カラー、そして仕上げの多彩な選択肢により、ご自分にぴったりのチェアを作り出すことができます。人それぞれに人生があるように、一つ一つのチェアにストーリーがあります。

divider