divider
features_slide_nelson_swag_leg_armchair_1

Nelson Swag Leg Armchair

このアームチェアは、彫刻のような脚を持つ家具を作りたいというジョージ・ネルソンの希望から生まれたコレクションのうちの1つです。ネルソンはその脚がどのような形をとるべきかについて、はっきりとしたアイデアを持っていました。ネルソンがベースのコンポーネントに求めたのは、優雅な曲線を持ち、金属製で、機械で成形され、仕上げをほどこされたもので、組み立てや解体も簡単で、従って輸送にも便利で、より安価に提供できる、というものでした。金属製のチューブに圧力をかけ、先へ行くにつれて細くなるようにしながら曲げる「スウェージング(swaging)」という加工法が、こうした脚部を作るのに最適であることがわかりました。独特の形状を持つデザインの「スワッグレッグ」という名はこの加工法から来たものです。

チェアのシェルには、ネルソンは背もたれと座面を1つに合わせ、体の形に柔軟にぴったりとフィットする彫刻的な形状を作り出しました。また座面と背もたれの間にスリットがあるため、熱がこもりません。フラットで幅の広いアームにより、腕を快適に休ませることができます。このチェアは1958年の発表当時とまったく同じように、デスクでそしてダイニングルームや会議室のテーブルで、今日のニーズにぴったりとマッチします。

デザインストーリー

ジョージ・ネルソンはこのシリーズのデザインを脚部の構想から始めました。その際、彼が特に力説したのが、脚部は金属製で、機械で成型され、美しいものでなければいけないということでした。こうした脚部を製造するのに最適だったのが、金属製のチューブに圧力をかけ、先に行くにつれて細くなるようにしながらカーブをつける「スウェージ(swage)」と呼ばれる加工法だったのです。この技法によって、16ゲージのスチール製で調節可能なグライズをもつ脚部が誕生しました。ネルソンはこのアイデアを基に、デスク、ワークテーブル、ダイニングテーブルといった一連のネルソンスワッグレッググループをデザインしました。

シートと背もたれのシェル部分では、もう一つなじみの形状が思い起こされます。ネルソンはチャールズ&レイ・イームズ夫妻が開発し、特許を取った成型プラスチックの加工技術を、夫妻の許可を得た上で使用したのです。ただし、彼はそこに一つひねりを加えました。座面と背もたれを別々につくってからそれらを接合したのです。その結果、身体にフィットする彫刻のような形状と若干の弾力性が生まれました。

デスクや作業テーブルの前に、そしてダイニングルームや会議室のテーブルの周りに。このチェアは1958年の発表当時とまったく同じように、今日のニーズにぴったりとマッチします。

divider