divider

動画

デザイナーの情熱

ミラ2チェアがこれまでの座り方をどのように変えるか、スタジオ7.5のデザイナーたちが語ります。
動画を見る

関連するデザイン

ミラ2チェアの調節方法

最高の快適性とサポートを得るための調節方法と座り方
動画を見る

フォトギャラリー

プロダクトストーリー

プロダクトストーリー

働き方が進化するにつれ、人びとはより活動的になり、個人の作業から共同作業へと素早く切り替えねばならない場面も多くなってきました。そこでそのような働き方と同じように俊敏にデザインされているツールが必要となったのです。このニーズに応えるために、スタジオ7.5のデザイナーたちは、常に動くことを余儀なくされる人々をサポートする、高機能なチェアを作り始めました。

瞬時の快適性と個人に適応する人間工学

ミラ2は座る人の動作に合わせて、一体となって動きます。座面と背もたれが座った人にすぐに適応します。ミラ2の動的な表面がわずかな動きにも反応し、シンプルで分かり易い調節機能によってフィット感を微調整できます。瞬時に得られる快適性と個人に適応する人間工学が、洗練されたミラ2のデザインに詰め込まれています。

動きをサポート

座る人の動きに合わせて柔軟に動くチェアが、座る人をサポートしながら身体の自由で自然な動きを促します。ミラ2のループスパインがねじりの柔軟性を提供し、身体が横方向へ伸びることを可能にします。また、ハーモニック2チルトにより、リクライニングした時にもスムーズな安定感をもたらします。

バタフライバックとトライフレックス

ミラ2の2種類の背もたれのオプションは、様々な体型と使用に対応します。非常に順応力の高い「バタフライバック」機構は、布地のレイヤーと葉脈のように穴の開いた成型ポリマーを組み合わせる新しい技術の開発により、サスペンション膜のようなダイナミックなハイブリッド構造を創出しました。トライフレックスの背もたれは、布地のレイヤーがないため、お手入れがとても簡単です。

ポスチャーフィット

ミラ2の2種類の背もたれは共に、ポスチャーフィット仙骨サポートにより、座った姿勢でも背骨が適切なカーブになるよう調整します。また両方のオプションとも、通気性が良いため熱をこもらせず、座る人がどんなに活動的でもきちんとサポートします。

機能を体現するフォルム

ミラ2チェアの無駄を省いたデザインは、どのような場所にもすっきりと洗練された空間を演出します。ミラ2チェアを一目見れば、機能にフォーカスしたチェアだということがすぐに分かります。各部品は見ただけではっきり機能が分かるようにデザインされており、それぞれ独自の素材や外見を備えています。

多彩なカラー

性能がチェアの構成部品のかたちを決めるように、カラーが、チェアやスツールの全体的な外観を決める重要なオプションとなっています。テキスタイル、背もたれのループやスパインのカラー、ベースの仕上げも選ぶことができ、より柔軟にパーソナライズできます。

Mirra 2 Chair

ファミリー

ミラ2チェアとスツールは共に、柔軟性のあるトライフレックスまたは順応性が高いバタフライバックの2種類のオプションから背もたれをお選びいただけます。ミラ2スツールは、座っている人と立っている人が同じ目線で協働できるように、どのようなセッティングにも幅広く対応します。

デザインストーリー

オリジナルのミラチェアが生まれてから10年、生産台数が150万台を超えたとき、スタジオ7.5のデザイナーたちは、過去を踏まえた上で、必要であればオリジナルデザインを再検討する時期が来たと確信しました。その理由の一つは、人びとの仕事の仕方が進化していることです。人々が活動的になるほど、体にシンクロして動く「サポート」が必要になります。

デザイナーたちは、働く場所により敏捷な動きが必要とされるようになったからこそ、一人一人をパーソナルに包むチェアというアイデアがやはり有効であるという結論に至りました。オリジナルデザインが持つ活発な動きと直感的な方法で調節できる機能はそのまま維持しつつも、スタジオ7.5のデザイナーたちはミラ2チェア のほぼすべての面で、素材と、チェアの基本となる形状とを進化させました。

スタジオ7.5のデザイナーたちは、原寸のモデルを使用してデザインの妥当性をテストしました。ミラ2チェアのすべてのパーツは、この方法で実際の使用状況下で立体的に確認され、最もエレガントなソリューションが得られるまで続けられました。

設計の当初から環境への配慮を念頭に開発された初のオフィスチェアであったオリジナルの文化を受け継ぎ、ミラ2チェアでは素材の使用方法の改良やリサイクル素材の活用により、環境に配慮したデザインがさらに推し進められました。ミラチェアを再デザインするにあたり、スタジオ7.5のデザイナーたちがモットーとしたのは、彼らの他のあらゆる仕事と同じく、「全ての要素を不可欠に」ということでした。これは、要求されている高いレベルのパフォーマンスに最低限の材料で到達するために、全ての材料を徹底的に検討することを意味しています。

divider