divider
Eames Molded Plywood Coffee Table

イームズプライウッドコーヒーテーブル

チャールズ&レイ・イームズ夫妻は、名高い成型プライウッドチェアに使用した画期的な技術を用いて、1946年、この軽量でシンプルな、想像力に富んだイームズプライウッドコーヒーテーブルをデザインしました。イームズプライウッドコーヒーテーブルにはメタルベースタイプもあります。わずかに窪んだ天板は同じですが、スリムなメタル製の脚が特徴です。

この特徴ある天板は、イームズ夫妻の初期のデザイン精神を雄弁に語っています。わずかに窪んだ円形のデザインがすっきりとした印象を与え、家庭でも商業スペースでも、際立ってシンプルなアクセントを生み出します。また、同じくイームズ夫妻によるデザインのプライウッドラウンジチェアや、ソファーとの組み合わせでも、単独でも、強い印象を与えます。

軽量でコンパクト、そして多彩な使い方のできるウッド製のテーブルは、ウォールナット、ナチュラルチェリー、エボニー、ホワイトアッシュの仕上げを取り揃えています。脚部がメタル製のタイプも天板の仕上げオプションは同じで、脚部はブラックかトリバレントクロームからお選びいただけます。

デザインストーリー

チャールズ&レイ・イームズ夫妻が手がけたデザインの多くと同様、イームズプライウッドファミリーは、デザインを「進化、見識、そして喜びを探り続ける進行形の旅」として考える哲学に基づいて生まれました。二人にとっては、すべてがプロセスでありまた探索でもあったのです。1940年代、二人は結婚し、一緒に働き始めました。一体型のチェアを作り出すという探索の旅も、このとき始まったのです。そして、シートと背もたれが一体型のカーブをもつシェルチェアが生まれました。

シェルチェアを誕生させる過程において、イームズ夫妻は画期的なプライウッドを成型する方法を発明しました。身体のラインにフィットするようにシートと背もたれをデザインし、比較的高価でない素材を使って大量生産することで、チャールズ&レイ夫妻は、ずばぬけた快適性を誇る、魅力的で革新的なチェアを生み出しました。その後すぐに、コーヒーテーブルとフォールディングスクリーンがこのシリーズに加わったのです。

divider