divider

その魅力

Eames Wire Base Low Table Outdoor

プロダクトストーリー

小型でエレガントな直線的デザインのローテーブル。イームズワイヤーベースローテーブルアウトドアは、あらゆる場所で活躍します。軽量で簡単に動かせるため、シーンに合わせて容易にアレンジしたり、アレンジし直したりできます。複数のテーブルをつなげて大人数で使ったり、色々な場所に配置して少人数ずつで使うことも可能。石材の天板に耐候性のある粉体塗装の採用で、クラシックな1950年のイームズデザインを新しいアウトドアテーブルへと蘇らせました。

石材へのこだわり

イームズワイヤベースローテーブルを製造するに当たって一番最初のステップは、独特のデザインを自然に引き立てながらも、耐久性をもつ石材を選ぶことでした。

そこでハーマンミラーは、北米4箇所の採掘場から石材を選び、それぞれの産地の名前を石材に付けました。ジョージアホワイトマーブルは、光沢のある石材で、1920年にダニエル・チェスター・フレンチの手になるリンカーン記念館のリンカーン像に用いられた石材と同じです。ジョージアグレーマーブルは、曇った灰色の石で、同じ採掘場の石が2004年、ニューヨーク近代美術館の改築に用いられました。ウィスコンシンブラックマーブルは、独特の黒みがかった石で、輝きを持つグリーンとグレーの模様が入っています。ケベックグラファイトグラナイトは、わずかに模様が入った深い色合いの花崗岩で、シカゴのジョン・ハンコック・センターに豊かな彩りを添えるために使われました。

採掘された石材は、2cmの厚さの石板をイームズのオリジナルデザインに基づき斜めのエッジにカットし、卵の殻のような質感のマットな仕上げをほどこします。

デザインストーリー

第二次世界大戦後、チャールズ&レイ・イームズ夫妻は急速に発展してきた新技術を取り入れ、新たな工業生産の方法を家具の製造に適用させることを目指しました。そして、曲げ合板から型打ちした金属、ガラス繊維強化プラスチック、溶接したワイヤーまで、あらゆることを実験しました。この溶接したワイヤーからは、一連のチェアやチェアのベース、試験的なソファー、そして大小の天板に適したテーブルのベースが誕生しました。さらに夫妻は、ワイヤーロッドを同時に溶接する大量生産の技術まで開発し、ハーマンミラーはこれを組み立て工程に採用しました。イームズワイヤーベースローテーブルもこうした実験の成果のひとつであり、1950年から現在に至るまでハーマンミラーが製造を続けています。

イームズ夫妻はこの小さなテーブルに限りない用途を見出しました。中でも、完成したばかりのケース・スタディ・ハウス(イームズ・ハウス)でこのテーブルを使い、イサム・ノグチやチャーリー・チャップリンといった特別なゲスト達を日本の「茶の湯」でもてなしたというエピソードは有名です。今日、あらゆる天候に耐えられるように素材を見直したことにより、この実用的な小さなテーブルが、これまで以上に便利になりました。

divider