divider

その魅力

Arras Bench

プロダクトストーリー

場所を選ばない自由なワークスタイルを実現する。これがアーラスの設計コンセプトです。 社会的なつながりを保ちながらも遊牧民のように自由な現代のライフスタイル。人間が生まれながらに持つ美への憧れ。そしてテクノロジーのさらなる進化……。これらの要素に着想を得た、魅力あふれる次世代のワークスペース。それがハーマンミラーのアジア研究開発グループにより、アジア太平洋市場に向けて開発されたアーラスシリーズです。

東京、シドニーをはじめとするアジア太平洋地域の主要都市で、ユーザーのニーズを徹底的に調査。また顧客、設計担当者、デザイナーとの多くの対話を重ねることで実現した、新しいワークスタイル・ソリューションです。

Arras Bench

美しいデザイン

いま、オフィスでワークスペース・ソリューションへの要請が高まっている理由は何でしょうか。そしてユーザーがその根底で求めている価値や、オフィス環境がユーザーの行動スタイルに及ぼす影響とは……。

社会的なつながりを保ちながらも遊牧民のように自由な現代のライフスタイルと、人間が生まれ持った美への憧れに触発され、テクノロジーの進歩を活かしてつくりあげた次世代のワークスペース。それこそが、ハーマンミラーの提案するアーラスシリーズです。

未来に向けた5つの解決策

比類なきデスクソリューションのアーラスは、以下の5つの要件を基本に設計されています。

1. 必要最小限に抑えられたアンダーストラクチャー 
2. 必要に応じたプライバシーの確保 
3. 誰もが自由に接続できる電源アクセス 
4. 多彩で使いやすいアクセサリー 
5. ユーザーのニーズを踏まえた収納

仕事の性質やスケジュール、オフィスのスペースやチームのあり方、そして個人の好み……。これらの状況に応じ、セッティングや座る場所をいつでも好きなように、簡単に調節できる。アーラスが提供するのは、そんな自由度の高いソリューションです。

Arras Bench

ゆとりを感じさせる奥まった脚

各人が決まったデスクを持たず、好きな席に座れるフリーアドレスオフィスは、チームメンバーとの有機的な繋がりを育てます。一緒にいて快適な人、あるいはもっと良く知り、関係を深める必要のある人。誰の隣に座るかはあなた次第です。

デスク内側にある脚は、手前から50㎝以上のゆとりをもたせて奥に収まるよう設計されています。このデザインにより、どこでも使いやすい位置に自由にサイドキャビネットを置くことができ、また、どこに座っても足下のスペースに広々としたゆとりを感じることができます。

フェイシア ——滑らかで美しいサイドフェースパネル

外観というのは想像以上に重要なもの。次世代デスクの卓越した機能と見た目の魅力は比例するというのが、ハーマンミラーの信念です。 高品質のスーツケースで使用されるサーモプラスチックと同じ素材で成形したアーラスのフェイシアは、滑らかな仕上がり。オリジナルの画像やブランドメッセージを自由に描き込んだステッカーを貼ったり剥がしたりすることもできます。差し込み式サイドパネルは、ごたつき感を軽減し、足元のプライバシーを確保。周囲に違和感なく溶け込むデザインでありながら、オフィスにアクセント色や質感をもたらすスペースとしても利用できます。

Arras Bench

アーラスの
エクステンション・ワークサーフェス

人間は社会的な動物。Webやメールといったコミュニケーションツールが発達すればするほど、顔をつきあわせた対話をしたくなるのはごく自然な成り行きでしょう。

アーラスのエクステンション・ワークサーフェスは、コーヒーを片手に一息つけるデスク近くの公認交流スペース。大勢の人が集まっても足下の窮屈さを感じることはなく、最新情報の共有やコラボレーションにもうってつけです。

アーラスの比類なき設計工学

あらゆる要求を完全に満たすアーラスの優れた機能性は、デザインとエンジニアリングの分野におけるハーマンミラーの豊富な経験と情熱によって完成されました。さらにアーラスでは、堅牢な構造を保ちながら、宙に浮かぶような軽快なたたずまいとエレガンスを実現。精緻な内部設計が、その外観も素晴らしいものにしています。

Arras Bench

ピボット・ウィング アクセス

電源への接続は毎日の作業。これをより簡単で便利にしたのが、アーラスのピボット・ウィングです。

電源配線部のカバーに用いられたピボット・ウィングは、スムーズに開きながら収納ポケットに垂直に収まって、そのまま開けておくことが可能。不要の時は滑らかに元の位置まで戻すことができます。こうした細やかなデザインは、何よりもユーザーの使いやすさを第一に考える設計思想から生まれたものです。

Arras Bench

誰でも自由に電源へアクセス

アーラスではその内部にも工夫が凝らされています。

十分な広さを備えたアーラスのデスク内部には、電源部とネットワークデータ部を区切る金属製の仕切り、さらに埋め込み型のケーブル留め具が備え付けられ、全長にわたって160本もの CATケーブルを収納できます。また、さまざまなタイプの電源プレートを設置することができます。

いろいろなアダプタを片手に、自由に移動するナレッジワーカーのため、トレー内部には開口部から遮られることのない十分なスペースを確保。各国で使用されているほとんどすべてのアダプタの収納が可能です。

Arras Bench

アーラスのサイドブレード

入念な材料選びを進める上で、ハーマンミラーが最も重要な基準の一つとしているのが素材のミニマム化。製造過程で排出される二酸化炭素の量を減らすため、必要最小限の素材を使い、工程数を抑えることは、製品の設計にあたる当社に課せられた責務です。

温もりあふれるヒールブレードと 
都会的なガラスブレード

ワークスタイル、ライフスタイルとの調和を目指し、どんな家庭でも見られるようなシンプルなオブジェに発想を得て作られました。

手作りの質感と色合いを持つ、ニットファブリック製のアーラスのヒールブレード。心安らぐ柔らかな風合いで、ワークスペースの雰囲気を和らげます。

一方、都会的な魅力を感じさせるのがアーラスのガラスブレード。レーザーでベベル加工されたクリスタルクリアガラス製のフレームレスパネルが、スタイリッシュなワークスペースを演出します。

Arras Bench

必要に応じたプライバシーの確保

多くの人が他者との会話を求め、必要としていることからもわかるように、皆が常にプライバシーを望んでいると考えるべきではありません。

機能性のなかに美しさと創造力を感じさせるアーラスのサイドブレードは、自由な位置の調節が可能。必要に応じたプライバシーの確保を実現します。

境界を超えた交流を生む 
アーラスの共用トレー

仕事の分担が明確になっていないとき、ともに仕事をするパートナーをより深く理解するため、話し合いが必要なシーンがあります。パーティションを取り払い、同じワークスペースに座る個人のエリアをつなぎあわせるアーラスの共用トレーは、チームワークを活性化してくれます。

Arras Bench

アーラスのサイドキャビネット
豊富なバリエーションを楽しむ

アーラスの一貫したデザイン思想が形になったサイドキャビネットは、本体、引き出しの前面、バックパネルから取っ手まで、すべてが独立したパーツで設計されており、それぞれに希望の色を指定することで、豊富なカラーバリエーションを自由に楽しむことができます。

オフィスに遊び心を取り戻す 
アーラスのスライドシェルフ

ワークスペースに遊び心を取り戻すアーラスのスライドシェルフ。 
向かいの相手とコミュニケーションを取りたくなったらシェルフを脇へ。仕事に集中したいときには自分の前にシェルフを戻してプライバシーを確保できます。デスクを挟んで自然に始まる交流が、長時間にわたるオフィスタイムに適度なアクセントをもたらす、理にかなった設計です。

Arras Bench

ワークスペースで戸外を感じる

私たちに豊かな感性を取り戻させてくれる自然。植物は開放感を失うことなくプライバシーを確保する格好のパーティションであり、心休まる色合いがワークスペースに潤いをもたらしてくれます。

緑あふれる小さな庭園や、美しく整えられた生け垣をデスクの上に再現するアーラスのプランター。プラスチック製の受け皿が付いていますので、気兼ねすることなくワークスペースを豊かに彩ることができます。

緑豊かな心地よい雰囲気をオフィスにプラスしてみませんか。

Arras Bench

時代の先をいくファッション性

創造力と魅力にあふれた多彩なカラーと仕上げで、あらゆるテイストに対応できるのがアーラスの特徴です。

グレー地に黄色をあしらったスポーティな組み合わせに惹かれる人もいれば、ターコイズブルーとピンクと黄緑が散りばめられた目の覚めるような色を好む人もあり、竹をモチーフにした自然な風合いと爽やかな白の組み合わせにこだわる人もいます。

15の新色をもつアーラスは、ワークスペースを美しく彩ってくれます。

アーラスの耐用年数は長く、レイアウト変更も簡単。ハーマンミラー社の12年保証が付いています。

デザインストーリー

Arras Bench

アーラスは、ハーマンミラーの環境適合設計、デザイン・フォー・エンバイロメント(Design for the Environment (DfE))に基づいてデザインされています。

リサイクル可能な素材は重量の50%を超えており、耐用年数が過ぎた後のパーツは再利用のためすべて簡単に分解することができます。また、化学物質を使って結合された連結部はなく、ポリ塩化ビニル(PVC)をはじめとする有害物質も一切使っていません。揮発性有機化合物の排出量も抑えられて、屋内の空気の質をモニタリングする米国の工業規格BIFMA X 7.1の認証を受けています。

また天板には、竹や藁といった素早く再生できる素材やFSC(森林管理協議会)森林認証を取得している材料を使ったものを用意しています。

divider