divider

その魅力

プロダクトストーリー

Metaform Portfolioは、仕事の仕方やニーズに合わせて、簡単にオフィス空間を作り変えることができます。チームで集まってインフォーマルな会議ができるエリアを作ったり、プライバシーが必要な時には、私物や自分のツールを手近に置いて個人用のワークスペースを作ることもできます。

カラフルなバリエーションが揃う汎用性の高い追加アクセサリーやワークサーフェスと組み合わせれば、Metaformの可能性は無限に広がります。

空間を思いのままに

Metaformに間違った使い方はありません。組み立てにはツールも不要です。 Blockは軽量(約9キロ)で、簡単に移動、設置、調節ができるため、思いのままにスペースを作り出せる上、仕事の進行状況に合わせて調整を加えることもできます。

Blockと階段状の溝は、アクセサリーを取り付けることで、仕事の資料から情報共有に必要なテクノロジーまで、様々なものを陳列・収納するスペースとしても活用できます。

Metaform Portfolio

境界を越えて

カーブタイプとストレートタイプのMetaform Blockを組み合わせて、 チームが集まるための半オープンエリアから集中して作業に取り組むためのスペースまで、さまざまなセッティングを作り出すことができます。これらのセッティングでは、ワークサーフェスを階段状の溝に取り付けて高さを変えられるため、好きな姿勢で仕事をすることができます。

特別な日常

Metaform Blockの素材は、安全装置から高級車のコンポーネントまで、さまざまなな製品に使用されている汎用性の高い発泡ポリプロピレン(EPP)です。スタジオ 7.5は、綿密な開発過程でこのEPP素材に磨きをかけ、仕上げが要らないほど美しく、かつメンテナンスも極めて簡単な表面加工を実現しました。

Blockは衝撃を受けても破損しにくく、水や化学物質、ほとんどの油、極端な高温や低温にも耐久性があります。また、リサイクル可能なため、廃棄しなければならない時でも環境に配慮した方法で処理できます。

デザインストーリー

スタジオ 7.5 のデザイナーは日常の問題を解決することに関心を持ち、人びとの生活や仕事について研究を重ねています。彼らはファニチャーを仕事に必要な「道具」と呼び、観察結果をデザインに活かしています。

スタジオ 7.5のカローラ・ツヴィックはこう語っています。「私たちの目標は、ちょうど職人が最も生産性の高い仕事をするために必要な環境を仕事場に作るように、使う人が自分で最適な環境を作れるようお手伝いをすることです。Metaformは、人びとに自分の環境とツールをコントロールする力を与えるのです」

divider