divider
スタジオ7.5

スタジオ7.5

バークハード・シュミッツ、クラウディア・プリカット、カローラ・ツヴィックは、1992年にパートナーシップを開始しました。彼らは、自分たちが興味を持てるプロジェクトを手がける自由、上司や肩書を持たない自由を求めていました。

以来、それが彼らの運営方針となっています。「全員が何でもこなすのです」と、バークハードがグループを代表して語ります。現在はグループにカローラ・ツヴィックの兄弟ローランド・ツヴィックが加わっています。「それが、アイデアを育み、オープンでいることと好奇心を持ち続けるための方法なのです」

グループの名前「スタジオ7.5」は、7.5トンのトラックを借りて、そのトラックにモデルショップを乗せ、1つのプロジェクトの現場から次の現場へ移動しようというアイデアから生まれました。彼らにとって自由に動けるというのがいかに大切かが、このアイデアにもよく表れています。クライアントのために製品をデザインする時も、彼らは自由に、そしてスマートに動きます。

デザイン上の複雑な問題を解決するには、協力体制と、最もエレガントな解決方法が出てくるまで、アイデアを実物大のモデルで何度もテストすることが必要だと、スタジオ7.5のメンバーは信じています。

「製品をデザインする時には、どうしても3次元モデルを作ってみる必要があります」とクラウディアは言います。「コンピュータでのドローイングでは、触った感じや匂いまでは分かりません」

スタジオの4人は、家具、または彼らの好む言い方では「イクイップメント(機器)」(現代の人びとが仕事をするのに必要なツール、という意味で)のデザインを楽しんでいます。中でもオフィスチェアのデザインは最もやりがいがあり、これまでにハーマンミラーのために セトゥーチェア、賞にも輝いた ミラチェア、そしてその後継製品である ミラ2チェアを送り出しています。

ごく普通の素材を新しい革新的な方法で使うのを好むスタジオ7.5の傾向は、これらのチェアにも、新しいデザインである メタフォームポートフォリオにも明らかに表れています。メタフォームはコンパクトな基盤ブロックのセットと、個人やワークチームの必要が変化するのに応じてそれに追加し、アレンジを変えて行くことができるアドオンから成ります。どの製品にもポリプロピレンが使われていますが、スタジオ7.5のユニークな点は、この素材をデザインによって素晴らしいことができるものに変えてしまう、その用い方です。

スタジオ7.5は自らのデザインについて語っています。「メタフォームポートフォリオと ミラ2チェア は、どちらも、使う人が、環境とツール面で大きくコントロールできます。私たちの目標は、ちょうど職人が最も生産性の高い仕事をするために必要な環境を仕事場に作るように、使う人が自分で最適な環境を作れるようお手伝いをすることです」

オフィス/スタジオ
ドイツ、ベルリン

動画

「デザインとは、本来、協同作業です」

動画を見る

divider