divider

その魅力

Eames Desks and Storage Units

プロダクトストーリー

チャールズ&レイ・イームズは、「モジュール方式」や「ハイテク」という言葉が業界で一般的に使われるようになるはるか以前から、自身が設計する製品に工業生産技術を取り入れ、それによりデザインの枠を広げ、モダンな美を実現してきました。イームズデスクユニットとイームズストレージユニットは、組み合わせても単独でも使うことが可能。収納スペースとワークスペース、そしてディスプレイのための場所までも十二分に提供するこのデスク&ストレージユニットは、製造が開始された1950年以来、家庭でもオフィスでも、素晴らしい魅力を放ち続けています。

実用的な機能性

イームズデスク&ストレージユニットが提供するのは、魅力的な外観だけではありません。机の上のスペース、収納、ディスプレイに対するニーズに、実用的な方法で応えられるようにデザイン、製造されています。

クラシックなタイプのデスクは、簡単にアクセスできる収納と、ファイルフォルダー(レターサイズ)を掛けた状態で収められる便利な引き出しが右か左かどちらかを選択できます。または小型のテクノロジーデバイスと小さなスペースに最適な、オープンワイヤの棚を組み合わせた一回り小さな新しいデスクもあります。

ストレージユニットにはケース、キャビネット、引き出しがあり、4種類のサイズ、5種類の組み合わせの中から好きなものを選ぶことができます。デスクと組み合わせることも、またはストレージ単体で使うこともできます。

Eames Desks and Storage Units

遊び心

好みに合わせて楽しめる遊び心に溢れたファニチャーです。デスクとストレージユニットには、ナチュラルカラーとマルチカラーの2パターンが用意されています。ナチュラルカラーは、バーチベニアを基調にホワイトとブラックのアクセントをあしらっており、スマートなハイテク感を醸し出しています。マルチカラーは、レッド、ブルー、ブラック、ホワイトのハードボードパネルを用い、モンドリアンの絵画を思わせるようなリズム感のある仕上がりになっています。

スチール製のクロスサポートとアップライト、穴のあいたパネルが工業製品を思わせる雰囲気を与えています。金属部分の仕上げは亜鉛めっきか、新作のブラックアルマイト亜鉛めっきかを選べます。また窪みのついたプライウッド製のキャビネット前面、そしてプライウッドでつくられた引き出しの前面と棚が、ミッドセンチュリーのテイストを高めています。

Eames Desks and Storage Units

耐久性

アップライト、クロスサポート、および穴があいたパネルの材質はスチールです。引き出しの前面と棚は滑らかなプライウッド。サイドパネルは塗装ハードボード。ストレージユニットに付属するキャビネットの扉は、円形の窪みをつけた型押しのプライウッドです。脚部につけられたナイロン製グライズが、しっかり床を保護します。

デザインストーリー

ホームファニチャーのデザインを通じて問題解決を行っていく上で、チャールズ&レイ・イームズは、いかなる洞察力とエレガンスをもって要請に応えてきたか。イームズデスクユニットとイームズストレージユニットは、それをまさに象徴する作品と言ってもいいでしょう。この二つは1949年にデトロイト美術館で行われた展覧会に向けてデザインされたもので、当時、イームズ夫妻が重視していた、工業生産の美しさと日本文化の影響がはっきりと表れています。双方に使用されているワイヤー製のクロスサポートは、イームズワイヤーチェア、イームズワイヤーベーステーブルといった別の作品にも用いられ、全体に統一感をもたらしています。

スペースの大小に限らず、またオフィスでも自宅でも、あらゆる種類のスペースに対して実用性の高い理想的な製品に仕上がっています。レトロな隠し味を感じさせながらも、現代的なスタイルのデザインです。

divider